MVNO(仮想移動体通信事業者)とは?

格安スマホのMVNOとは?

格安スマホのニュースや情報を検索していると
MVNOという言葉がよく出てきますよね。

 

では、MVNOとはいったい何?でしょうか。

 

MVNOとは仮想移動体通信事業者
正式には、Mobile Virtual Network Operatorといいます。

 

通信インフラ、携帯電話の回線ですね
回線を借り受けてサービス提供している業者を指します。

 

MVNOに回線を貸し出しているのはMNO
移動体通信事業者となるわけですね。

 

正式には、Mobile Network Operatorとなります。

 

 

 

 

現在日本では

  • NTTドコモ
  • au
  • ソフトバンク

この3社がMNO、一般的にキャリアという呼び方をします。

 

格安スマホを提供している業者は、上記キャリアから
回線を借り受けてサービスを提供しているわけですね。

 

では1例として、どのMVNOが
どのキャリアから、回線を借り受けているのかというと

 

mineo(マイネオ) NTTドコモとauのマルチキャリア
TONEモバイル NTTドコモ
DMM mobile NTTドコモ
ニフモ NTTドコモ
BIGLOBEスマホ NTTドコモ
U-mobile NTTドコモ
IIJmioみおふぉん NTTドコモとauのマルチキャリア
楽天モバイル NTTドコモ
ワイモバイル ソフトバンク系列
UQモバイル au系列

 

このように、現状ではNTTドコモが最も多い結果となります。

 

ですので、ドコモのスマートフォンまたは白ロムを
あなたが持っている場合は、本体そのままで

 

SIMを差し替えるだけで、格安スマホに乗り換えることも可能です。

 

今後格安スマホに参入してくる業者も
増えてくることが考えられますので
auやソフトバンクのMVNOも増えるかもわかりませんね。

 

ひとつ注意点として
あなたがドコモのスマホユーザーだと仮定して
電話番号そのままで、例えば楽天モバイルの乗り換えた場合

 

楽天モバイルでは、NTTドコモの回線を借りているわけですが
NTTドコモは解約となります。

 

ですので、NTTドコモのメールアドレスが使えなかったり
ショップでのアフターフォローやサービスは受けられなくなります。

 

ポイントや継続利用期間も終了となります。

 

このあたり、ちょっと勘違いしそうかもわかりませんね。

 

格安スマホのメリット・デメリットでもまとめていますので
乗り換え前にチェックしてみてくださいね!