マイネオではNTTドコモとau回線格安シムを販売中!さらにソフトバンクも

mineo格安SIM

 

 

関西電力グループ、ケイ・オプティコム提供の
格安シム・スマホがマイネオ(mineo)です。

 

特長としてはauとNTTドコモ回線の格安SIMを販売
日本で初めてのマルチキャリアMVNOだったんですね。

 

2018年9月4日よりソフトバンク回線用のSIMも販売開始!

 

あなたが今使っているスマートフォンに
シムだけを差し替えて、本体はそのままで使いたいなら

 

マイネオはチェックしておきたいMVNOだといえますよ!
契約数も100万回線を突破しているんですね。

 

 

 

まず、各社のシム月額料金からみていきましょう

auプラン(Aプラン)のSIM料金として
  シングルタイプ デュアルタイプ
500MB 700円 1,310円
1GB 800円 1,410円
3GB 900円 1,510円
5GB 1,580円 2,190円
10GB 2,520円 3,130円
20GB 3,980円 4,590円
30GB 5,900円 6,510円

 

ドコモプラン(Dプラン)のSIM料金として
  シングルタイプ デュアルタイプ
500MB 700円 1,400円
1GB 800円 1,500円
3GB 900円 1,600円
5GB 1,580円 2,280円
10GB 2,520円 3,220円
20GB 3,980円 4,680円
30GB 5,900円 6,600円

 

月単位でのプラン変更も可能となっています。

 

ユーザー同士で通信量を分け合える
マイネオ独自のフリータンクも口コミ評価が高いですね。

 

シングルタイプとはデータ通信と050IP通話

 

マイネオのデータ通信専用SIM

 

デュアルタイプとはデータ通信と050IP通話と090通話

 

マイネオの音声通話SIM

 

動作確認がとれていれば、SIMの差し替えだけで
今使っている本体はそのままで切り替えができます。

 

今使っている090/080の電話番号そのまま
MNPで乗り換える場合はデュアルタイプのSIMとなります。

 

SIMが届いてから、WEB上で自分で切り替えできるので
電話が使えない不通期間も解消されています。

 

通話料は30秒で20円の従量制となっていますが
専用アプリマイネオでんわから電話をかけると30秒10円に

 

月額850円のオプションで10分以内かけ放題も用意されています。

 

 

マイネオでんわかけ放題

 

 

050IP通話はララコールを利用します。
LaLa Callもケイ・オプティコムが運営しています。

 

通常は、月に基本料金が100円かかりますが
mineoユーザーなら無料で利用できます。

 

通話料も、固定電話への通話が3分8円
携帯電話・スマートフォンへの通話が1分18円

 

LaLa Callアプリ同士の通話は無料となりますよ。

 

 

マイネオでセット販売のスマートフォンは

mineoで販売中のスマートフォン

  • シャープ アクオス sense plus SH-M07
  • ファーウェイ P20 lite
  • ASUS ZenFone 5
  • ASUS ZenFone 4/セルフィープロ/マックス
  • 富士通 arrows M04
  • 富士通 ARROWS M03
  • ファーウェイ nova

 

 

マイネオファーウェイ P20ライト

 

(2018年6月販売開始のP20ライト)

 

他社と比較すると、販売中のスマホの数はちょっと少なめ
ですのでマイネオなら、あなたが今使っている端末への

 

シムの入れ替えで検討するのがおすすめでしょう。

 

初期費用として契約事務手数料が3,000円必要になります。
支払い方法はクレジットカードのみとなっています。

 

最低利用期間の縛りはありません。

 

ただし、利用開始の翌月から12ヶ月以内に
他社へMNPで転出した場合は

 

転出手数料として11,500円必要になります。

 

ですので、MNPで乗り換える場合は
1年間の継続利用を前提での検討が大切ですよ。

 

マイネオ申し込み

セット販売のスマートフォンも
拡充されてきていますが

 

マイネオはやはり
SIMの差し替えが人気となっています。

 

まず最初に、公式サイトから
動作確認端末一覧をチェックして

 

あなたのスマホでマイネオのシムが使えるかどうか?
しっかり確認することが大切ですよ。

 

 

(上記料金はすべて税抜きでの表示となります。)