格安スマホのメリットとデメリットについて

格安スマホのメリット

格安スマホのメリットは?

 

安い基本料金でスマホが持てる

 

格安スマホのメリットとしてまず最初に挙げられるのは
何といっても料金面についてでしょう。

 

この1点に尽きるといっても過言ではないかも知れませんね。

 

これまでは、キャリアのスマートフォンを持つだけで
少なくとも月に6,500円程度の費用がかかっていました。

 

例えば、NTTドコモの標準的な月額料金プランとして
カケホーダイプラン 2,700円(2年契約)
SPモード 300円(インターネット接続料)
データSパック 3,500円(月間データ通信量上限2GB)

 

合わせて6,500円となりますね。

 

iphone6sの発売以降、新料金プランとして

 

5分以内の通話かけ放題で1,700円/月が選べるようですから
もう少し安くなるのかな?とは思いますが・・

 

ただし、5分を超える通話料に関しては
30秒で20円の従量制となりますので、ここは踏まえておきたいです。

 

ここを例えば、NTTドコモのMVNOである
BIGLOBEモバイルと比較してみると

  • 高速データ容量月3GBの通話SIMで1,600円
  • BIGLOBEでんわアプリ10分かけ放題オプションで830円

合わせて月額2,430円でスマホが使えます。

 

さらに期間限定で料金割引や
キャッシュバックなどの特典が用意されていますから

 

安く使うことができますよね。

 

ドコモの端末なら、シムを差し替えることで
本体はそのままで使うこともできます。

 

もちろん端末とシムセットで購入することもできます。

 

実際、管理人も格安スマホを使っていますが
キャリアと比較するとかなり料金的には安くなりますよ。

 

 

格安スマホメリットまとめ

 

(私が使っているいるのはZenFone3 レーザーです。)

 

契約期間の縛りが短い

 

これはMVNO各社で違いはありますが
最低利用期間、契約の縛りが短いこともメリットのひとつです。

 

一般的に、キャリアでスマートフォンを契約すると2年縛り

 

2年後に契約更新月として1ヶ月間ありますが
ここで解約をしなかった場合、さらに2年間の契約自動更新

 

(契約自動更新については改正されるかもわかりませんが・・)

 

格安スマホの場合は、MVNOによって違いはありますが
長くても契約の縛りは12ヶ月程度

 

(ワイモバイルとUQモバイルは2年縛りとなりますが。)

 

データ通信のみのSIMでは、縛りがない場合がほとんど

 

うっかり解約忘れの契約自動更新もありませんので
やはり、契約期間の縛りは短い方が使いやすいといえるでしょう。

 

スマートフォン本体の性能もアップ

 

格安スマホとして販売されているスマートフォンは
価格が安い分大丈夫なの?という声もあるようですが

 

2018年6月15日発売のファーウェイ P20ライトなど

 

 

P20ライト特長

 

 

2万円台の価格帯で
5.84インチフルHD+高精細大画面フルビューディスプレイを搭載

 

メインカメラにダブルレンズ搭載、顔認証機能も装備
この価格でこのスペックはなかなかでしょう。

 

その他にもハイエンドモデル、あるいは子供用、シニアの方向けに
1万円台で購入できるスマートフォンも増えてきています。

 

品揃えもますます豊富になってきているのが今の格安スマホ業界ですね。

 

データSIMまたは通話SIMから選択OK

 

格安スマホでは一般的に(例外もありますが)
データ通信だけが利用できるデータSIMと

 

090/080の電話番号も利用できる通話SIMが選択できます。

 

データ通信のみのSIMでも、IP電話アプリをインストールすると
050の電話番号で通話することも可能です。

 

LINEの無料通話を利用することもできます。

 

ただし、LINEに新規登録する場合は、SMS認証が必要ですので
SMS付きのSIMを購入することをお忘れなく。

 

通話SIMの場合は、データ通信と
090/080/070の音声通話が使えるわけですね。

 

当然IP電話アプリも使えますので、090/080の番号と
050の番号の2つが持てて、使い分けすることも可能です。

 

MNPで、今使っている電話番号そのままで乗り換えるなら
こちらの通話SIMを購入するようになりますよ。

 

ドコモのスマートフォンはSIM差し替えで使える

なお、格安スマホではNTTドコモの回線を借り受けて
サービスを提供しているMVNOがほとんどですので

 

ドコモの端末または白ロムなら、動作確認がとれていれば
本体はそのまま、SIMの差し替えだけで使うこともできますね。

 

シムロックの解除も必要ありません。

 

 

格安スマホのデメリット

格安スマホのデメリットについて

 

キャリアのメールアドレスが利用できなくなる

 

MNPを利用して乗り換える場合
今使っているキャリアのメールアドレスが利用できなくなります。

 

キャリアのメールアドレスって?
NTTドコモ @docomo.ne.jp
au @ezweb.ne.jp
ソフトバンク @softbank.ne.jp

 

ですので、新しい契約先でのメールアドレス

 

あるいは、Gmailやヤフーなどのフリーメールアプリを利用して
新規でメールアカウントを作成する必要がありますね。

 

メールアドレスが変わったことを、友人や知人
仕事関係の方などに、知らせなければなりませんので

 

ちょっと格安スマホ導入時に、手間がかかるかもわかりません。

 

おすすめの方法としては、キャリアのアドレスが使えるうちに
(MNPの手続きをする前に)

 

Gmailのアカウントを所得して、キャリアのアドレスから
新しいGmailのアドレスを、先にアナウンスしておけばいいですね。

 

そうすると、格安スマホに乗り換えた後の
新しいメールアドレスの周知の手間も省けると思います。

 

また、MVNOによってはメールドレスが付与される場合もあります。

 

ショップでのアフターやサービスが受けられなくなる

 

格安スマホのMVNOは、キャリアから回線を借り受けて
サービスを提供しているわけですが

 

キャリアのショップでのサービスは対象外となります。

 

例えば、前述のBIGLOBEモバイルは、NTTドコモの回線を借りて
サービスを提供していますが、あなたがNTTドコモから

 

BIGLOBEモバイルに乗り換えた場合ドコモは解約となってしまいます。

 

ですので、ドコモのメールアドレスも利用できませんし
ショップでのサービスも受けられなくなるわけですね。

 

継続利用期間やポイントも終了となります。

 

通話料が30秒で20円の従量制

 

格安スマホMVNOでは一般的に
通話料として別途30秒で20円必要になります。

 

今、キャリアで電話かけ放題プランを契約中で
仕事など、電話を頻繁に使うことが多いあなたには

 

ちょっと、この通話料がデメリットになるかもわかりません。

 

通話料のデメリットはかなり解消されてきましたよ!

 

ワイモバイルでは10分以内の国内通話がかけ放題
さらにワンキュッパ割で1年間1,000円割引キャンペーンも

 

UQモバイルでも、おしゃべりプランイチキュッパ割で
スマホ・通信・通話がセットになったプランが登場しています。

 

格安スマホの業界はスマートフォンとデータ通信
無料通話がセットのコミコミプランも人気となっています。

 

初めてのスマホでもわかりやすいプランが増えてきていますね。

 

NTTドコモのMVNOでも、アプリをダウンロードで
オプションとしてかけ放題が利用できるサービスも充実してきています。

 

格安スマホメリットデメリットまとめ

 

 

以上、格安スマホのメリットとデメリットをまとめてみました。

 

 

 

 

MVNOでは、キャリアから回線を借り受けますので
その分コストや維持費も少なくすみますから

 

割安な価格でスマートフォンが提供できるわけです。

 

キャリアでは、ショップでの契約やアフターサービスは受けられますが
その分維持費や人件費は、料金に跳ね返ってきますよね。

 

つまり、アフターサービスの費用も
毎月のスマホ代に含まれていると考えればよいでしょうか。

 

格安スマホMVNOの場合は、ホームページからの契約が
メインとなりますから、固定費が安く抑えられる分

 

料金的に安くスマホが提供できるわけですね。

 

大切なことは、あなたと家族のスマホの使い方を一度見直してみて
  • 必要のないオプションを契約していないか?
  • 使っていないのに無駄な支払いをしていないか?
  • 月にどのくらいの通信量と通話料を使っているか?

など、洗い出してみるといいでしょう。

 

格安スマホメリット・デメリットまとめ

ちょっとの工夫で、今までと変わりない使い勝手で
毎月のスマホ代が安くなるケースも多々あるわけですよ。

 

浮いたお金を貯蓄に回すもよし、子供の教育費や家族旅行
友人との食事や恋人とのデートに使ってもよし、ですので

 

この機会に一度見直してみてはいかがでしょうかね!

 

(料金・価格は消費税抜きで表示しています。)