データ通信専用SIMと音声通話付きSIMの違いは?

データシム通話シム違い

 

 

格安SIMではデータ通信だけが利用できるSIM

 

データ通信と090/080の電話番号で通話ができる
音声通話SIMから選択して購入することができます。

 

ただし、すべてのMVNOで共通ではありませんので
詳細は各社のホームページをご確認ください。

 

(スマートフォンとSIMセット販売限定のMVNOもあります)

 

 

 

 

今使っている090/080の電話番号をそのまま引き継いで
格安スマホでも使いたい場合は通話SIMでの契約となりますね。

 

ガラケーとの2台持ちでスマホでは
アプリをメインに使いたいならデータSIMの契約でもOKです。

 

データSIMの契約でもLINEの無料通話や
IP電話アプリをダウンロードして通話することは可能です。

 

(050の電話番号を取得することも可能です。)

 

LINEに新規登録する場合はSMS認証が必要ですので
SMS付きのSIMで契約することが大切ですね。

 

格安スマホではNTTドコモの回線を借り受けて
サービスを提供しているMVNOが多いですから

 

ドコモのスマートフォンなら動作確認がとれていれば
SIMを差し替えるだけで本体はそのまま使えるわけですね。

 

シムロックの解除も必要ありません。

 

ひとつ補足としてSIMには以下の3種類がありますので

  • 標準SIM
  • マイクロSIM
  • ナノSIM

あなたが使っている端末に合うSIMを選択して
契約することが必要となってきますよ。

 

 

 

このように格安スマホではSIMだけを購入して
今使っている端末に差し替えて使うこともできますから

 

スマホ代を安くしたいあなたは要チェックですね。

 

格安SIMおすすめはどこ

 

 

 

TOPへ