イオンモバイル全国のイオンのお店でアフターサポート付き

格安スマホイオン

 

 

イオンモバイルのメリットしては、全国200以上のイオンのお店で
アフターサービスも充実していることだといえるでしょう。

 

はじめての格安スマホでも安心して使うことができますね。
特に、イオンをよく利用する主婦の方に人気です。

 

シム料金プランの選択肢も業界最大級です。
セット販売のスマートフォンもたくさん用意されていますよ。

 

イオンモバイルのシム料金プランは
イオンモバイル データSIM

(SMSなし)

データSIM

(SMSあり)

音声通話SIM
500MB なし なし 1,180円
1GB 480円 620円 1,280円
2GB 780円 920円 1,380円
4GB 980円 1,120円 1,580円
6GB 1,480円 1,620円 1,980円
8GB 1,980円 2,120円 2,680円
12GB 2,680円 2,820円 3,280円
20GB 4,480円 4,620円 4,980円
30GB 6,480円 6,620円 6,980円
40GB 7,480円 7,620円 7,980円
50GB 10,300円 10,440円 10,800円

 

特長としては、他社なら3GBの価格帯のSIM料金が
イオンモバイルだと4GBの容量で使えることでしょう。

 

ですので、1番人気は4GBのSIMとなっています。
この料金プランの選択肢は業界最大級ですね。

 

ドコモのスマートフォンなら、動作確認がとれていれば
SIMを取り替えるだけで本体はそのまま使うことができます。

 

シムロックの解除も必要ありません。
もちろん、iphoneにも対応していますよ。

 

さらに、au回線用の格安SIMの取り扱いもはじまっています。

 

 

イオンモバイルで販売中のスマートフォンは

イオンで販売中の格安スマホ

  • ファーウェイ P20/lite
  • ASUS ZenFone 5/5Q
  • ASUS ZenFone 4/セルフィー/マックス
  • ファーウェイ nova lite2
  • シャープ アクオス sense lite
  • ファーウェイ honor 9
  • 富士通 arrows M04
  • ファーウェイ P10/lite/plus
  • VAIO Phone A
  • アルカテル PIXI 4
  • ファーウェイ nova/nova lite
  • 富士通 ARROWS M03
  • 富士通 ARROWS M02
  • ZTE BLADE E01
  • HUAWEI P9lite
  • シャープ AQUOS SH-M04

(端末の在庫状況は変動する場合があります。)

 

2018年6月発売のP20 ライト

 

 

イオンモバイルP20ライト

 

 

2018年2月発売の nova lite2

 

 

イオンモバイルノバライト2

 

 

初期費用として契約手数料が3,000円必要になります。

 

音声通話SIMを選択した場合は
通話料として別途30秒で20円かかっちゃいますが

 

イオンでんわアプリをダウンロードで半額の30秒/10円に
月額850円のオプションで10分かけ放題もスタート

 

その他、LINEアプリの無料通話なども活用しながら
上手に通話料を節約したいですね。

 

イオンモバイル申し込みはこちら

以上がイオンモバイルの概要となります。

  • イオンのお店でアフターサービスが受けられること
  • シム料金プランと端末の選択肢が豊富なこと

このあたりポイントだといえるでしょう。

 

詳細はイオンホームページでチェックしてくださいね!

 

 

(上記料金はすべて税抜きで表示してあります。)

 

イオンカード申しこみはこちら

イオンで格安スマホ買っちゃうなら
支払いはイオンカードがおすすめですよ。

 

毎月20日と30日は5%オフでもおなじみですよね。
(管理人もこの日によく買い物に出かけていますw)

 

年会費無料で、ときめきポイントもたまりますから
まだ持っていないあなたはこの機会に1枚いかが?

 

イオンカードセレクトはこちらから