格安スマホどこがいい

格安スマホ人気ランキング

 

 

格安スマホに関心はあるものの

 

「どの会社がいいの?」「ホントに安くなるの?」
「たくさんあって迷っちゃう」「初めてでよくわからない」

 

こんなお悩み・・あなたに当てはまっていませんか?

 

格安スマホや格安SIMを選ぶ基準は次の2つ

スマートフォンとシムをセットで購入
今使っているスマホにSIMだけを入れ替え

 

 

スマートフォンとSIMをセットで買うならわかりやすいですね。

 

あなたが欲しい端末とぴったりの高速データ容量を選択
さらに、無料通話が付いたプランも用意されていますよ。


 

今使っている端末にSIMだけを入れ替えて使いたいなら
まず最初に格安スマホを販売している会社のホームページから

 

あなたの使っている端末で動作確認がとれているかどうか?
ここを確認しておくことが大切な作業となります。

 

もちろんiphoneをそのまま使うこともできますが
SIMを差し替える前にシムロックの解除もやっておきたいですよ。

 

人気の格安スマホはどこなの

楽天モバイル アンリミット 2.0

楽天モバイル unlimit

 

 

楽天モバイルでは新料金プラン4月8日よりリリーズ開始
月額2,980円300万人1年無料でデータ使い放題

 

Rakuten Linkアプリから電話をかけると国内かけ放題
4社目のキャリアとなることで注目のプランとなっています。

 

楽天回線エリア以外では高速通信月5ギガ上限
5GBを使いきっても最大1Mbpsで使い放題にはなります。

 

楽天モバイル UN-LIMIT 2.0と命名された新プランになりますよ。
契約期間の縛りや契約解除料もありません。

 

楽天モバイル申し込み

 

当サイトで1番人気はUQmobile

UQモバイル(UQコミュニケーションズ)

UQモバイル

 

契約期間の縛りなし!解約違約金不要

 

3姉妹のテレビCMで知名度急上昇のUQモバイル
auのサブブランドとして格安スマホを販売中

 

元々はWiMAXを販売している会社なんですね。

 

2020年6月より料金プランがリニューアルされて
スマホプランS/Rから希望のプランを選べるようになりました。

 

 

iphone SE(第2世代)販売中だよ!


 

その他、人気のオッポ reno3 aやエクスペリア8など
端末の品ぞろえもますます増えてきています。

 

家族で使うならUQ家族割が利用できて
子回線契約者の月額基本料金が500円割引で使えますよ。

 

SIM単体購入で最大10,000円キャッシュバック

 

UQモバイルキャッシュバック

 

UQモバイル申し込み

リンクライフ(UQモバイル正規代理店)

リンクライフUQモバイル

 

UQモバイル契約でキャッシュバックがもらえる!

 

リンクライフ(LinkLife)はUQモバイル正規代理店
リンクライフでUQモバイルの格安SIMを購入すると

 

 

最大12,000円のキャッシュバックがもらえるよ♪


 

料金UQモバイルのはスマホプランS/M/Lから選択
契約期間の縛りや契約解除料も撤廃されています。

 

今使っているiphoneにSIMを差し替えてそのまま使うこともOK

 

リンクライフUQモバイル申し込み

当サイトで2番人気はワイモバイル

Y!mobile(ワイモバイル)

ワイモバイル

 

契約期間の縛りなし!契約解除料不要/div>

 

ソフトバンクのサブブランドがワイモバイル

 

スマホベーシックプランS/M/Rから選べるようになりました。
1回10分以内の国内通話何度でもかけ放題もセット

 

MまたはRなら高速データ容量を使い切っても
下り最大1Mbpsで利用できるように2020年7月より変更

 

 

iphone SE(第2世代)販売中だよ!


 

オンラインストアでの購入でも全国約1,000のショップで
アフターサービスが受けられることもメリットですね。

 

家族で使うなら家族割が適用されて
2回線目以降の基本使用料が500円/月割引になりますよ。

 

オンラインストア購入で事務手数料無料キャンペーン実施中

 

ワイモバイルオンラインストア

 

ワイモバイル申し込み

ヤングモバイル(おとくケータイ.net)

ヤングモバイル

 

ワイモバイルのスマホ購入でキャッシュバックが!

 

ヤングモバイルはワイモバイルの取扱店となります。
代理店のおとくケータイ.netが運営していますよ。

 

ヤングモバイルでワイモバイルのスマホを購入すると
最大20,000円のキャッシュバックが特典に

 

WEB申し込みの後担当者から折り返しの連絡があって
わからないことや疑問点など質問しながら申し込みができます。

 

ですので、ワイモバイルに乗り換えてみたいけど

 

今ひとつ不安があるあなたはヤングモバイルで
しっかり相談して申し込みを考えてみるとよいですよ。

 

ヤングモバイル申し込み

 

CMでもおなじみのUQモバイルとワイモバイルは
契約期間の縛りなしで契約解除料なしとなりました。

 

料金プランもわかりやすいように3通りから選択OK

 

子供用や主婦の方、シニアの方、格安スマホデビューなど
初めての格安スマホでも安心して契約することができますよ!

 

もちろん、今使っているiphoneへのSIM差し替えでも大丈夫です。

今使っている電話番号をそのまま引き継ぐには(MNP)

MNPで格安スマホMNP

 

 

格安スマホやSIMへの乗り換えは検討したいものの
長年使ってきた電話番号が変わってしまうとちょっと面倒ですね・・

 

しかし格安スマホへの乗り換えは今あなたが使っている
070/080/090の電話番号そのまま引き継ぐことが可能です。

 

 

MNPを利用すると簡単にできますよ。


 

MNPとは正式名をモバイル・ナンバー・ポータビリティ
2006年からスタートした制度です。

 

MNPを利用するためにはまず予約番号の取得から始めます。

 

MNP予約番号取得方法として
1番簡単なのは電話での手続きだといえるでしょう。

 

NTTドコモ 151
au 0077-75470
ソフトバンク *5533

(対応時間:9:00〜20:00)

 

上記が携帯電話からの連絡先と対応時間となります(通話料無料)

 

MNP予約番号は取得当日から15日間が有効期限となります。
ですので、取得したら早めの乗り換えがおすすめですよ。

 

有効期限を過ぎると電話が使えなくなるなどはありませんが

 

あなたが格安スマホへの乗換えを再び考えた場合
もう一度予約番号を取得しなおさなければなりません。

 

あなたが今使っているキャリアに
MNP転出手数料の支払いが必要になります。

 

NTTドコモ 2,000円(税抜)
au 3,000円(税抜)
ソフトバンク 3,000円(税抜)

 

今あなたが使っている電話番号を
そのまま引き継いで格安スマホに乗り換えるなら

 

MNPを利用すれば簡単に手続きができること

 

ただし、MNP予約番号には有効期限があることと
転出手数料がかかることを理解したうえで利用してください。

 

MNP手続きのやり方はこちらの記事で

格安スマホの購入には本人確認書類の提出が必要です

格安スマホ本人確認書類

 

 

格安スマホをネットで購入する場合
本人確認書類の送付が必要になります。

 

どこのMVNOで契約しても必須事項ですね。

 

これは、携帯電話不正利用防止法で定められていて
携帯電話が犯罪に使われることを防ぐための措置となります。

 

MVNOによって若干の違いはありますが

 

基本的にはオンラインでアップロード
あるいはFAXでの送信などが一般的となっています。

 

有効な本人確認書類としては

格安スマホ本人確認書類

  • 運転免許証
  • 日本国パスポート
  • 身体障がい者手帳
  • 療育手帳
  • 精神障がい者保健福祉手帳
  • マイナンバーカード
  • 健康保険証(+公共料金領収書・住民票のいずれか)
  • 住民基本台帳カード(+公共料金領収書・住民票のいずれか)

 

基本的には運転免許証の写メを撮影して

 

 

格安スマホ本人確認書類免許証

 

 

メール添付で送付またはFAXで大丈夫です。

 

注意事項を補足しておくとあなたが健康保険証
あるいは住民基本台帳カードを利用する場合は

 

加えて公共料金領収書か住民票のいずれかも必要になります。

 

つまり、補助種類が必要になってきますので
健康保険証を本人確認書類に使うときは覚えておいてください。

 

本人確認書類送付手続き詳細はこちらの記事で

格安スマホメリット・デメリット

格安スマホメリット

 

 

格安スマホにもメリットデメリットがあります。
乗り換える前に長所短所を覚えておくことは大事ですよね。

 

メリットとデメリットを比較してみると

 

格安スマホメリット

 

毎月のスマホ料金が安くなる

 

格安スマホ長所

格安といわれるくらいですから当然なのですが(笑)
毎月のスマホ代を安く抑えることができます。

 

一般的に、キャリアのスマートフォンを使っていると
少なくとも月に6,500円程度の料金が必要になります。

 

4人家族だとすると月のスマホ代が26,000円・・

 

ここを格安スマホに乗り換えるとあるいは半額に!
キャリアよりは安い料金で使うことができるんですね。

 

動作確認がとれている端末なら、シムを差し替えるだけで
本体はそのままで使うこともできますし

 

別途端末代は必要になりますが、新しいスマートフォンと
SIMをセットで購入することもできます。

 

格安スマホデメリット

 

キャリアのメールアドレスが利用できなくなる

 

格安スマホデメリット

例えばNTTドコモのMVNOならドコモの回線を借り受けて
格安スマホのサービスを提供しているわけですが

 

シムをさしかえると
ドコモのメールアドレスは利用できなくなります。

 

ですので格安スマホの場合はグーグルのGmailや
ヤフーのフリーメールなどをアプリで利用するようになります。

 

メールアドレスが付与されるMVNOもありますよ。

 

ショップでのアフターサービスが受けられなくなる

 

ここもキャリアのメールアドレスが
利用できなくなるのと理由は同じなのですが

 

ショップでのアフターサービスが対象外となります。

 

つまり、格安スマホに乗り換えた時点でドコモは解約
ですのでメールアドレスが利用できなくなったり

 

ショップでのアフターが対象外になっちゃうわけですね。

 

格安スマホは一般的にWEBでの契約がメインですので
(そのほうがコストがかからず安く提供できるわけですね。)

 

万一の故障の時など修理や代替機の手配などに
少々時間がかかることはキャリアと比べて否めないでしょう。

 

なお、格安スマホのメリットデメリットについては
こちらの記事で詳しく書いてみたのでご参照くださいね!

 

格安スマホどこがいい

 

 

新型コロナの影響で収入が減った会社員の方
アルバイトやパートのお仕事がなくなった学生や主婦の方など

 

格安スマホに乗り換えてスマホ代を節約してみませんか。

 

老後には年金以外に2千万円貯えが必要といわれる時代
節約できるところは工夫して将来に備えておきましょう。

 

 

 

TOPへ