あなたのスマホ代・・高くない?

格安スマホおすすめはどこ?

 

 

「毎月のスマホ代をもうちょっと安くしたい・・」
私の周囲でも、こんな声がよく聞かれます。

 

スマートフォンの普及にともない
確かに生活は便利になって、情報が手早く簡単に

 

そしてビジネスにも欠かせない道具となりました。

 

現代ではもうライフラインのひとつだといえるでしょう。
スマートフォン・携帯電話のない時代はもう考えられません。

 

また、万一の自然災害の時など命をつなぐ道具にもなり得ます。

 

しかし、普及に伴って毎月の通信費がかさんでいるのも事実・・
これは、どのご家庭にも当てはまるんじゃないでしょうか?

 

格安スマホ各社のシム料金比較

そこで最近では、いわゆるスマートフォンの通信費を抑えた
格安スマホやシムの登場で、話題を集めていますね。

 

データ通信専用SIMや音声通話付きSIMなど
どんなMVNOが人気、おすすめになっているのでしょうか?

 

その前によくある質問をひとつ

 

今使っている090/080の電話番号を

そのまま引き継いで格安スマホでも使えますか?

格安スマホに関心はあるものの、今使っている
090/080の電話番号が変わっちゃうとちょっと面倒・・
こんな声もたくさんあるんですね。

 

でも、心配はいりません。今あなたが使っている電話番号を
そのまま引き継いで格安スマホに乗り換える(MNP)こともできますよ。

 

今使っている電話番号引き継いで格安スマホに乗り換える方法は?

私は2015年8月からZenFone2 レーザーを使っています。

 

 

ZenFone2 レーザー口コミ

 

 

毎月のスマホ代は本体込み3,000円くらいでおさまってますよ!
たまにポケモン捕まえに歩いています(まだ4匹ですが・・)

 

2017年6月にはZenFone3 レーザーを追加購入

 

 

ZenFone3 レーザー口コミ

 

 

こちらが設定をはじめていく最初の画面となっているんですね。
(相変わらずポケモンゲットは4匹のままですが・・)

格安スマホおすすめはどこ?

当サイト人気ランキングベスト3!

Y!mobile(ワイモバイル)

ワイモバイルメリット

新ワンキュッパ割スタート!1年間1,980円〜OK

ソフトバンクのサブブランドがワイモバイル
ワイモバイルのメリットとしてはおなじみのコミコミ

 

10分以内の国内通話かけ放題に!

 

ビジネス利用など、通話重視で格安スマホを選ぶなら
ワイモバイルがおすすめで人気となっています。

 

ワンキュッパ割もスタートとなり、1年間1,980円〜
高速データ容量も2年間2倍に増量となっていますよ。

 

iphone SEの販売もスタート!
人気のP10liteの販売もスタートしています。

 

オンラインストアでの購入でも、全国約1,000のショップで
アフターサービスが受けられることもメリットですね。

 

ズキュン割(家族割引サービス)
2回線目以降の基本使用料が500円/月割引
スマホ+家族割申し込みで5,000円キャッシュバック

 

ワイモバイルの評判は?

UQモバイル(UQコミュニケーションズ)

UQモバイルメリット

ぴったりプランイチキュッパ割がスタート!

テレビCMで知名度急上昇のUQモバイル
auのグループ企業UQコミュニケーションズが運営

 

元々、WiMAXを販売している会社なんですね。

 

UQモバイルで人気のプランは、スマートフォンと
データ通信・無料通話がセットのぴったりプラン

 

5分かけ放題のおしゃべりプランも選択肢に加わりました。

 

さらにイチキュッパ割として、1年間1,000円割引
通話、通信、端末がコミコミ1,980円/月から使えますよ。

 

iphone SEの販売もスタート!

 

女性に人気のシャープAQUOS L2や
専用モデルのファーウェイ P9liteプレミアムなど

 

さらに、P10liteの販売もスタートしています。

 

6月8日よりUQ家族割スタート
子回線契約者の月額基本料金が500円割引

 

代理店リンクライフで対象スマホを購入すると
最大10,000円キャッシュバック
さらに初期費用の3,000円が無料に!

 

UQモバイルの評判は?

楽天モバイル(楽天株式会社)

スマホセットのコミコミプラン販売スタート!

楽天提供の格安スマホが楽天モバイル、最大の特長としては
セット販売のスマートフォンの品揃えが業界最多クラス!

 

高スペックの端末から、子供用・シニア向けまで
幅広く取り揃えられていることがメリットですね。

 

楽天モバイルのコミコミプランって?

 

格安スマホデビューに人気なのは、スマートフォン本体と
データ通信・5分かけ放題セットのコミコミプラン

 

はじめてのスマートフォンでもわかりやすい料金プラン
ガラケーからの乗り換えや子供用でも安心ですよ!

 

NTTドコモのMVNOとして、最も人気なのは
現状ではこの楽天モバイルだといえるでしょうね。

 

楽天でんわアプリかけ放題がスタート!
月額2,380円のオプションで国内通話かけ放題に

 

毎月の料金支払いや端末費用に
楽天スーパーポイントが使えちゃいます。

 

楽天モバイルの評判は?

 

なぜ、ワイモバ・UQ・楽天が人気なの?
スマートフォン・データ通信・無料通話がセットで定額

 

格安スマホはコミコミ定額が人気

全部コミコミでわかりやすいプランを
メインで販売しているからなんです。

 

格安スマホには関心があっても、初めての場合は
料金プランや自分に合った使いかた
どのスマホがいいの?いまいちよくわからない・・

 

こんな声があるのも事実なんですね。

 

ですので全部セットでコミコミ!わかりやすいセットプランを
何通りかの選択肢で用意して
契約を増やしているのが現在上記3社なんです。

 

また、上記3社はあなたもよくご存じのように
テレビCMで知名度をアップしていることも人気の理由ですね。

こちらの4社もチェックしておきたいですよ!

LINEモバイル

LINEアプリの通話やトークが使い放題のカウントフリー

LINEモバイルのポイントは、契約した高速データ通信を
使い切ってもLINEアプリの通話やトークが使い放題!

 

高速通信のままカウントフリーで利用できます。

 

LINEモバイルのメリットは?

 

フリープランとコミュニケーションフリープランの2種類
フリープランなら月1GBのデータ容量で500円〜

 

コミュニケーションフリープランなら、LINE以外に
ツイッター/フェイスブック/インスタグラム
こちらの3つのSNSもカウントフリー

 

さらに、MUSIC+プランも登場で
加えてLINE MUSICがカウントフリーに!

 

8月31日までの期間限定キャンペーン

 

コミュニケーションフリープラン、または
MUSIC+プランのどちらかのSIM契約で
3GB×2ヶ月データ容量プレゼント

 

LINEモバイルの評判

マイネオ(ケイ・オプティコム)

auとNTTドコモ2社のSIMを販売中!

関西電力グループ、ケイ・オプティコム提供の
格安スマホ/SIMサービスがmineo(マイネオ)

 

日本初のマルチキャリアMVNOとして
auとNTTドコモ2社のSIMを販売しています。

 

マイネオのメリットは?

 

2社のSIMを販売していますので、SIMを差し替えるだけで
利用できるスマートフォンの対応機種が業界最多クラス!

 

あなたが今使っている端末はそのままで
シムだけをさしかえて、料金を安く押さえたいなら

 

マイネオもチェックしておきたいMVNOですよ。
独自のフリータンクなど人気となっています。

 

7月18日までの3周年記念キャンペーン
デュアルタイプ(音声通話SIM)購入で
800円×3ヶ月割引が特典に!

 

mineoマイネオ評判

BIGLOBEスマホ(ビッグローブ)

老舗ビッグローブのメリットは安心の実績とアフター

BIGLOBEスマホでは、セット販売のスマートフォンに
ファーウェイ novaとliteも取り扱いが始まっています。

 

ビッグローブスマホのメリットは?

 

さらにP10liteの販売もスタートとなっていますよ。

 

月額650円のオプションでBIGLOBEでんわ通話パック60
または3分かけ放題から選択することもできます。

 

人気のエンタメフリーオプション
3GBのSIM契約でも利用できるようになっています。

 

7月2日までの期間限定キャンペーン
スマートフォンと3GB以上のシムセットで
最大13,000円キャッシュバック

 

BIGLOBEスマホ評判

ニフモ(ニフティ)

期間限定のキャッシュバック特典が人気に!

ニフティ提供の格安スマホNifMoでは
契約特典にキャッシュバックがもらえますよ。

 

ニフモのメリットは?

 

スマホとSIMのセット購入で最大20,100円
高額のキャッシュバック特典が用意されています。

 

シム単品購入でもキャッシュバックがもらえます。

 

端末にもファーウェイ novaとnova liteが新発売
ZenFone3 Maxも人気のスマホとなっていますよ。

 

P10liteとP10plusの取り扱いもはじまりました!

 

専用アプリニフモ半額ダイヤルがリリース
月額830円のオプションで10分かけ放題が
2ヶ月間無料キャンペーン開催中

 

NifMo(ニフモ)評判

まだまだ!こんなMVNOもあるんですよ

イオンモバイル

全国200以上のイオンのお店でアフターサービスも提供

イオンモバイルのポイントは、全国200以上のイオンで
料金プランの変更や故障修理受付など
サポートが受けられることだといえるでしょう。

 

イオンモバイルでは全国200以上のイオンでアフターもサポート

 

はじめての格安スマホでも安心感がありますね。

 

SIM料金プランの選択肢も業界最大級

 

セット販売のスマートフォンにも高機能のMate9や
コスパ重視の nova liteなど用意されていますよ。

 

P10シリーズ3機種の取り扱いもはじまっています。
月額850円の5分かけ放題オプションもスタート!

 

イオンモバイルの評判

ユーモバイル(U-NEXT)

LTE使い放題で音楽聴き放題のUSEN MUSIC SIM

橋本環奈さんがイメージキャラクターのユーモバイル

 

人気どころとしては、LTE使い放題で音楽聴き放題
さらに090/080の電話番号も使えるUSEN MUSIC SIM

 

20代〜30代のユーザーさんに好評となっていますよ。

 

ユーモバイルのメリットは?

 

そのほかにも、LTE使い放題のプレミアム
10分以内の国内通話が月300回までかけ放題のスーパー

 

iphoneのシム差し替えにピッタリのプランもあります。

 

U-mobileの評判

DMMモバイル(DMM.comラボ)

SIM料金プランの多さなら業界最多級!

DMMモバイルの特長としては、SIMの料金プラン
セット購入できるスマートフォンの品揃えが豊富に

 

ドコモユーザーさんのSIM差し替えでも
スマホセット購入でもチェックはしておきたいですね。

 

DMMモバイルのメリットは?

 

とにかくプランがたくさんですので、あなたにピッタリの
プランをみつけるためにはまず、公式サイトからの

 

シュミレーションをやってみるとよいですよ!

 

DMM mobileの評判

IIJmio(インターネットイニシアティブ)

ドコモユーザーのSIM乗り換えに定評の老舗!

IIJmioもMVNOとしては老舗、ドコモユーザーさんの
端末そのままSIM差し替えが人気となっていますね。

 

さらにauのシムの販売もスタートしていますよ。
iphone7/plusや、最新iosにも対応しています。

 

IIJmioのメリットは?

 

セット販売のスマートフォンにはファーウェイ nova

 

そしてP10lite、VAIO Phone Aや
Moto G5 Plusなど取り扱いがはじまっています。

 

みおふぉんダイアルアプリのオプションとして
電話かけ放題プランも用意されました。

 

IIJmioみおふぉんの評判

トーンモバイル(TSUTAYA)

子供用やシニアの方向けスマートフォンなら検討材料に!

ツタヤ提供の格安スマホがTONEモバイル

 

ガラケーからの乗換えやスマホデビュー
あるいは、シニアの方や子供向けのMVNOだといえます。

 

トーンモバイルのメリットは?

 

通話基本料金が1,000円とわかりやすいことや
全国のお店で、順次アフターケアが導入予定など
初めてのスマートフォンでも安心できますね。

 

スマホ代でTポイントが貯まることも
TSUTAYAらしいサービスだといえるでしょう。

 

ツタヤのTONEモバイル評判

格安スマホであなたの生活はどう変わる?

格安スマホのメリットは?

毎月のスマホ料金が安くなる

格安スマホメリット

格安といわれるくらいですから、当然なのですが(笑)
毎月のスマホ料金を安く抑えることができます。

 

一般的に、キャリアのスマートフォンを使っていると
少なくとも月に6,500円程度の料金が必要になります。

 

4人家族だとすると月のスマホ代が26,000円・・

 

格安スマホはスマホ代やグッと安くなる

ここを例えば、楽天モバイルの標準的なSIMなら

 

高速データ通信が月に3.1GBまで使えて
楽天でんわアプリの5分かけ放題を契約しても月額2,450円

 

毎月4,000円程度安くスマホが使えるようになるわけです。

 

NTTドコモの端末なら、シムを差し替えるだけで
本体はそのままで使うこともできますし

 

別途端末代は必要になりますが、新しいスマートフォンと
SIMをセットで購入することもできます。

 

月に4,000円の節約、4人家族なら16,000円の節約
年間だと192,000円程度の節約が可能になるでしょうか。

 

格安スマホのデメリットは?

キャリアのメールアドレスが利用できなくなる

格安スマホデメリット

前述した楽天モバイルは、NTTドコモの回線を借り受けて
格安スマホのサービスを提供しているわけですが

 

シムをさしかえると
ドコモのメールアドレスは利用できなくなります。

 

ですので格安スマホの場合は、グーグルのGmailや
ヤフーのフリーメールなどをアプリで利用するようになりますね。

 

メールアドレスが付与されるMVNOもありますよ。

 

ショップでのアフターサービスが受けられなくなる

ここもキャリアのメールアドレスが
利用できなくなるのと、理由は同じなのですが
ショップでのアフターやサービスが対象外となります。

 

つまり、格安スマホに乗り換えた時点でドコモは解約
ですので、メールアドレスが利用できなくなったり

 

ショップでのアフターが対象外になっちゃうわけですね。

 

格安スマホは一般的に、WEBでの契約がメインですので
(そのほうがコストがかからず安く提供できるわけですね。)

 

万一の故障の時など、修理や代替機の手配などに
少々時間がかかることは、キャリアと比べて否めないでしょう。

 

なお、格安スマホのメリットデメリットについては
こちらの記事で詳しく書いてみたのでご参照くださいね!

格安スマホを選ぶときのポイントは?

スマホ本体とSIMセットで乗り換えたい場合

スマートフォンとシムセットで契約

新規で格安スマホを契約、あるいは今使っている
090/080の電話番号そのまま引き継いで(MNP)

 

スマートフォンとSIMをセットで契約したい場合には
各社工夫していろいろなプランが販売されていますが

 

あなたが通話重視で決めたいならワイモバイル

 

ワイモバイルでは、通常の料金プランとして例えば
データ通信量1GBのスマホプランSで月の基本料金が2,980円

 

ここが、1年間基本使用料が1,000円割引の新ワンキュッパ割
データ通信量が2年間2倍もらえるキャンペーンもスタートしています。

 

10分以内の国内通話が回数制限なしでかけ放題もセット!
月額1,980円から(1年間)利用できるようになるわけですね。

 

他社携帯電話・固定電話問わず無料になりますので
通話を頻繁に利用されるあなたにはおすすめだといえますよ。

 

スマートフォンの機種にこだわりたい場合は
品揃え豊富な楽天モバイルが人気ですね。

 

独占販売のオーナー8やZenFoneの最新モデル3
ハイスペックモデルのファーウェイ P10

 

スマホデビューにお手ごろなZenFone2 レーザーやGo
日本製のarrows M03も販売がスタートしています。

 

さらにコミコミプランとして、スマートフォン本体と
データ通信/5分かけ放題セットの販売もはじまっていますよ。

 

おなじみ楽天スーパーポイントも人気の理由です。

 

auのMVNOで、最近特に力が入っているUQモバイル
3姉妹のテレビコマーシャルで知名度急上昇ですね。

 

UQモバイルでも、スマートフォン・データ通信・無料通話
セットで購入できるぴったりプランが販売されています。

 

さらにイチキュッパ割として、最大1年基本使用料から1,000円割引
セット販売の端末にもiphone SEやP10liteなどありますよ。

 

5分かけ放題のおしゃべりプランもリリースされました。

 

がっつりSNSを使いたいならLINEモバイルも外せません。

 

フリープランは、高速データ通信を使い切っても
LINEアプリの通話やトークは高速で使い放題

 

コミュニケーションフリープランなら、LINEアプリ以外に
ツイッターやフェイスブック、インスタグラムも使い放題です。

 

全国200以上のイオンでアフターサポートが受けられるイオンモバイル
はじめての格安スマホでも安心感がありますね。

 

選べるSIM料金プランも業界最多級、セット販売の端末も
ファーウェイ P10liteやARROWS M03などがあります。

 

もうひとつ、キャッシュバックキャンペーンでおなじみのニフモ
SIM単品でもスマホセットでもキャッシュバックが用意されています。

 

SIM単体での契約を希望する場合

格安SIM単品で購入する場合は

MVNOの多くは、ドコモの回線を借り受けて
サービスを提供していますので

 

あなたがドコモのスマートフォンを使っている場合
あるいはドコモで契約後、解約した端末(白ロム)でも

 

本体はそのままで、SIMだけを乗り換えることも可能です。

 

マルチキャリアMVNOマイネオ
auとドコモのシムを販売していることでおなじみです。

 

ユーザー同士で通信量を分け合える
フリータンクもマイネオ独自のサービスですね。

 

老舗のIIJmioは、ドコモユーザーに人気のMVNOで
ドコモ端末へのSIM差し替えには定評があります。

 

IIJmioでもauのシムの販売もスタートしています。

 

上記2社は、auとドコモのSIMを取り扱っているので
そのまま使える端末の数なら業界最多級となります。

 

LTE使い放題で検討するならユーモバイル

 

音楽聴き放題のUSEN MUSIC SIMやプレミアム
10分以内の国内通話が月300回までかけ放題のスーパー
多様なプランが用意され若いユーザーに人気です。

 

月に使ったデータ通信量の分だけ支払えばよい
最適料金プランが特長のエキサイトモバイル
家族で使うならシムが最大5枚まで契約できます。

 

シム入れ替え時の注意点

SIM単品での乗換えを検討する際の注意点として

 

あなたが今使っている、スマートフォン本体が
契約を考えているMVNOの格安SIMで動作確認がとれているかどうか?

 

ここを忘れないにチェックしておくことが大切になりますよ。

 

MVNO各社のホームページには
動作確認済み端末一覧ページが用意されていますので
しっかり確認してからSIMを購入するようにしてくださいね!

 

シムの選択肢について

SIMには、データ通信のみができるタイプと
090/080の音声通話もできるタイプの2通りがあります。

 

どちらかを選択して購入するようになりますね。
MNPで乗り換えるなら音声通話シムになりますよ。

 

データ通信のみのSIMを購入する場合は
SMSが必要な場合、別途オプションとなるケースがほとんどですので
忘れないようにオプションでSMS契約をしてくださいね!

2017年春夏モデル人気のスマートフォンは

ファーウェイ nova lite

 

人気のノバライト

 

 

2017年春モデル最大のヒット商品といえるのは
このファーウェイ nova liteでしょう。

 

オクタコアCPU搭載で、メインメモリ3GBとまずまずのスペック
価格的にも20,000円程度と購入しやすくなっています。

 

MVNO各社でも幅広く取り扱われています。
(価格はMVNO各社によって違いはありますよ。)

 

上位モデルのnovaも同時に販売がはじまりましたが
人気は断然ライトとなっていますね。

 

ファーウェイ nova liteのスペックなどはこちら

 

ファーウェイ P10 lite

 

人気のP10ライト

 

 

2017年6月より新登場のP10lite
価格的にも購入しやすく夏モデルの人気商品となるでしょう。

 

比較するなら前述したnova liteになるでしょうね。

 

そのほかにも、P10およびP10plusと
あわせて3機種が同時に販売スタートとなりましたが

 

格安スマホで選ぶならこのライトで十分だと思いますよ。
しかし、ファーウェイの端末はよく売れていますね(笑)

 

ファーウェイ P10 liteのスペックなどはこちら

 

iphone SE

 

人気のiphone SE

 

 

ワイモバイルとUQモバイルで取り扱われているiphone SE
データ通信と無料通話も込みで購入できることがポイント

 

日本ではまだまだアイフォンも根強い人気がありますから
安く購入できるiphone SEも人気を集めています。

 

特に20代〜30代の若いユーザーさんに人気ですね。
スマホデビューにiphoneを選ぶ学生さんも多いようです。

 

まだまだ今後もどんどん新機種が販売されると思います。
格安スマホとして使える端末もさらに増えてくることでしょう。